トップ >> 生活のトラブルで鍵を交換

困った時のための情報

賃貸の鍵を失くす生活のトラブル

賃貸マンションなどに住んでいる場合に鍵を紛失するという生活のトラブルに遭ってしまったら、防犯のために業者さんに鍵を交換してもらっても良いのでしょうか?答えは、勝手にそれをするのはダメです。とりあえず、鍵を紛失するという生活のトラブルに遭ってしまったら、業者さんに鍵をあけてもらってとりあえず家に入りましょう。そして、落ち着いてから、家主さんにそのことを報告して、鍵を交換してほしいということを伝えましょう。おそらくその費用は、自分で負担することになるでしょう。しかし、紛失した鍵が他人の手に渡ると思うと、そちらの方が恐ろしいですよね。

自宅の鍵を失くす生活のトラブル

賃貸マンションではなく、分譲マンションや、一戸建てなどの「自分が所有している住居」で鍵を紛失するという生活のトラブルに遭ってしまった場合には、もちろん勝手に鍵を交換しても大丈夫です。その住居の持ち主は自分なのですから。賃貸マンションの場合は、そのマンションの持ち主は家主さんです。自分は持ち主ではなく、「借り主」で。あくまで他人のものを「借りている」というだけなのです。そのため、自分が所有している住居の鍵を紛失するといった生活のトラブルに遭ってしまった場合には、自分の判断ですぐに業者さんに鍵を交換してもらいましょう。これによって、防犯の面で安心することが出来るでしょう。